管理業務主任者の勉強法その1(過去問)

管理業務主任者に限らず、効率の良い勉強法と言うのは人それぞれです。
Aという勉強法が良いと言う人もいますし、Bという勉強法が良いと言う人もいます。
私もそれに対して否定をするつもりはありません。
自分が覚えやすいと思った勉強法が一番だと思います。

しかし、管理業務主任者の勉強法では、必ず行なわなければ いけないことがあります。

勉強量の割合は人それぞれ違っても、その勉強法は管理業務主任者には欠かせないものです。
そこで、ここから管理業務主任者に合格する上で、最低限必要な勉強法を紹介していきます。

正直言えば、こらから紹介する勉強法以外でもあったほうが良いと思えるものは ありますが、
多くの管理業務主任者の勉強法を紹介してしまうと、
重要なことがぶれてしまう可能性があるので、最小減の勉強法だけにします。

まず、管理業務主任者の勉強法で必要なのは、過去問演習です。
もしかしたら、皆さんも過去問は重要だと一度聞いたことがあるかも知れません。

ここで、過去問の重要性を簡単に説明すると、
基本的に問題作製者は過去問をベースに問題を作るので、
出題範囲や出題レベルが 過去問と同様になります。

もっと言ってしまうと、本試験では過去問の類似問題がばかりが出題されます。
つまり、過去問を攻略すれば、おのずと本試験に合格するだけでの 力が身に付く事になるのです。

ただ、全てが過去問の類似問題なわけではありません。
中には今まで出題された事のない問題やレベルの高い問題が出題されます。

しかし、そのような問題は勉強しようにも予測ができないので対応しようがありませんし、
何より解けなかったとしても十分に合格できてしまいます。

ですから、皆さんは余計なことを考えず、過去問演習を繰り返せば良いだけのです。

次に勉強のポイントですが、問題の問いに対して1択ごとに何故違うのか、
もしくは何処を修正すれば正解になるか、一つ一つ丁寧に理解することです。

例えば、Aという問題があり、1~4までの中でどれが正解かという問題があったとして、
1が正解なら、2~4は何故間違っているのか一つ一つ検証し行くのです。

このように過去問の勉強をしていき、10年分くらいほぼ完璧に解ければ、
間違いなく合格レベルに達している力が身についています。

この過去問は必ず勉強して下さい。

通信講座人気ランキング
フォーサイト

合格率の高さと低価格で人気の通信講座に。業界初の教材も話題!
⇒公式サイトはココから


ユーキャン

CMでも話題のユーキャン。知名度は抜群のNO1!
⇒公式サイトはココから


TAC

通信講座専門校ではないが、通学校として長年の実績を持つ!
⇒公式サイトはココから